活動あれこれ

キリンビール工場閉鎖の撤回の申し入れ書

2009年11月2日


一方的な工場閉鎖に抗議し、撤回を求める

キリンビール社長 松沢幸一殿

2009年11月2日
日本共産党石川県委員会
県会議員 尾西洋子
日本共産党白山市委員会
市会議員 宮岸美苗

貴社は26日、北陸工場の来年8月の閉鎖を発表した。しかし、その決定や発表のやり方はあまりにも一方的で、市民も、石川県、白山市関係当局も驚きと怒りを示している。

もともとキリンビール北陸工場の誘致は、企業からの要請に応えて、県、市が地域経済の活性化、雇用の拡大を期待し受け入れたものであったが、この間、県・市ともに税金投入(各2億円)、環境整備などで便宜を図ってきた。このことによって、企業側も大きな利益を上げることができたはずである。

ところが、今回の貴社の工場閉鎖はこうした地元の努力を一方的に踏みにじり、地元経済、雇用に重大な悪影響をもたらし、行政の将来計画にも影響を与えるものである。進出するときは地元の便宜を受け、利益が少なくなったら一方的に撤退では、あまりにも企業の身勝手と言わなければならない。工場閉鎖の発表についても、株価問題、インサイダー取引問題などが伝えられているが、それで解消されるものでは到底ない。今回のやり方に強く抗議するものである。

今、全国的に景気が悪化し雇用状態も厳しくなっており、中小零細企業は必死に努力している。こうした中での貴社の工場閉鎖が強行されれば、地域経済は深刻な事態に陥ることになりかねない。
したがって、今回の工場閉鎖の決定を直ちに撤回し、地域における社会的責任を果たすよう強く申し入れるものである。

以上