丸顔!通信

孤高の「さおたろう」

2009年9月29日


このところの残暑続きで、雨がほしいと思っていたところに、昨夜の雨。
さおたろうの棲家にも雨水が流れ込んだと思われ、喉の渇いたさおたろうは、ようやく水分補給できたと思われます。「竿住まい」で、水はどうしているのだろうと気がかりでした。
今朝、穴を覗くとうまい具合に顔を出しました。ただひとり、わが道を生きる孤高のさおたろうです。