活動あれこれ

急がれる鳥獣被害対策

2009年8月5日


1249784065

6月議会の一般質問では、山ろく地区のイノシシなど鳥獣被害対策について取り上げました。この議会質問を見た方から「サルの被害についても何とかできないものか。畑が年々できなくなっている」との手紙をいただいたので、話を聞きに行きました。

鳥獣被害のせいで畑作りをやめてしまう、畑を手放して結局山ろくでの暮らしにピリオドを打つのは、本当に残念なことです。
市は、集落単位で鳥獣被害の学習もしながら、住民一体で対策を講じていく方向を進めたいとしています。
山ろく地区が、これからも人が住み続けることができる地域であるために、定住対策としても鳥獣被害対策は急がなければなりません。
鳥獣被害対策が住民一体の取り組みでないと効果的でないとしても、市にはそのイニシアチブをとって、対策が加速するよう進めてほしいものです。