議会だより

新年度予算のここに反対しました(抜粋)

2009年4月20日


■JR金剣神社踏み切りの地下道工事(約10億円)
事業を計画した頃より、社会情勢・市政の状況は変化し、雇用・経済情勢の悪化で市民生活は困難をききわめており、優先すべき事業とはいえません。道路・歩道の改善、学校の耐震化、保育・教育関連の維持修繕など、他に優先すべきものはたくさんあります。

■獅子吼高原への振興助成金(4,200万円)
経営を委託しているアトム運輸との契約が08年度で切れるため、これまでの助成を2年間延期するというものです。2年後はどうするか明らかではなく、将来を見すえた措置とはいえません。
獅子吼高原は、貴重な観光資源だからこそ、将来計画を立てた上での措置が必要だと考えます。

■介護保険料の値上げ
基準月額で3,980円が4,660円に引き上げられました。今回、保険料の段階を8段階から10段階に細分化し、低所得世帯への負担軽減の努力はしていますが、くらしへの打撃に変わりありません。
介護サービスの利用が増えたり、サービスを良くしたければ保険料が上がるなど、矛盾した制度の仕組みを根本から改めるとともに、市としても一般会計から予算を繰り入れて市民負担を抑制すべきです。