丸顔!通信

福田首相の政権投げ出し

2008年9月2日


福田首相が辞任表明した翌日は、出かけた先でその話でもちきり。
「安倍さんに続いて、また政権投げ出したね」「首相の椅子はそんなに軽かったのか」「私らサラリーマンならそうかもしれんが、一国の首相がそれでは無責任すぎる」「大変な状況やとわかって総理大臣になったはずなのに」「自民党の総裁選で騒いで、ウヤムヤにしてはだめや」等々・・・。全くその通りだ。
物価高・原油高騰・年金問題・後期高齢者医療・雇用問題・税金のムダ遣い・・・どれをとっても八方ふさがりで打開策を示せない。自・公政治のゆきづまりそのものが、自らを追い込んだということか。
財界言いなりの構造改革路線と、アメリカ言いなりの政治が、結局破綻しているということに、気が付かないといけない。この政治を変えない限り、首相を変えても変わらない。
「今こそ政治の中身の変革を」「そのために日本共産党を伸ばしていただきたい」と大いに訴えていこう。