議会だより

2008年6月定例会・一般質問と答弁(要旨)

2008年7月30日


1217735180

私が行った一般質問は、行財政運営、公立保育所の民営化、非正規職員の雇用問題、非常勤保育士の待遇改善、小舞子海岸・海水浴場、コミュニティバスについてです。以下、主な質問と答弁です。

●保育所・・・非常勤保育士に「担任手当て」を

ー答弁・今後検討していきたいー
【質問】
非常勤保育士がクラス担任をしている実態はどうか。また、その場合は担任手当てを支給すべきだ。
【桶屋健康福祉部長答弁】
非常勤保育士289人中34人がクラス担任となっている。担任手当ては今後検討していきたい。

●公立保育所の民営化問題・・・議論するならまず財政予測示せ

【質問】
公立保育所を民営化した場合の財政予測も示さずに、その議論がされているのは適切ではない。せめて10年間の財政予測を事前に示すべきではないか。
【桶屋健康福祉部長答弁】
財政予測については、今年度中に実施計画を作り、中期財政計画の中で示したい。

●行政の雇用問題・・・非正規職員の「格差是正」を

ー臨時職員の平均年収177万円ー
【質問】
市の非正規職員の賃金は低く、「官製ワーキングプア」といえる。正規職員との格差是正が必要だ。
【林総務部長答弁】
平成19年度の臨時職員の平均年収は177万円だが、個人の生活に応じた働き方ができる社会において、就業形態や年収のみでワーキングプアと特定することは適切ではない。 市民ニーズの高いところに短時間勤務者を増やすなど、ワークシェアリングによって市民サービスの向上をを図っている。

●金剣通り地下道建設・松任駅舎整備は凍結を

【質問】
松任駅の南北の整備、北陸新幹線、海側幹線など、今後連続する大型公共事業が市民のくらしに関わる予算を圧迫しかねない。不要不急の事業の見直しは必要だ。当面、金剣通り線の地下道建設、松任駅の南北自由通路の整備と橋上駅計画を凍結せよ。
【角市長答弁】
金剣通り線の地下道は住民の強い要望であり、新幹線整備の時期にあわせて整備するもので、見直しは考えていない。
松任駅舎は、新幹線により建て替えが避けられない。白山市の顔にふさわしい駅舎の整備をJRなどに求めている。
南北自由通路は、新幹線高架橋ができた後では建設費も大きくなるので、ここ数年で整備し、引き続き橋上駅として整備したい。高齢者などの体力的負担を軽減することができる公共事業と考えている。

●松任駅舎の建設はJRがすべきもの

【質問】
松任駅舎整備では、JRとの協議はどうなっているのか。 また、南北自由通路の利用者は平成28年度で450人/日とのことだが、どのように算定したのか。
【束田企画財政部長答弁】
松任駅舎の評価や、橋上駅として必要な規模・内容などについて、運輸機構が設計作業をしているところだ。
松任駅東西の踏み切りの横断歩行者調査を平成18年5月に行ったところ、歩行者381人、自転車930台の利用があり、そこから平成28年度を推定した。