活動あれこれ

学習会「子どもたちの輝く未来のために」

2008年4月20日


4/20、保育ネットの主催で、「一緒に考えて見ませんか、これからの子育てについて」のテーマの学習会があり、参加してきました。
公立保育所の民営化、認定子ども園などにみられる公的保育制度こわし、非正規職員の増大、保育指針改定などなど・・・国は、子どもの育ちに関わる分野を大きく変質させようとしています。

自治労連の木村雅英氏が講師をされ、少子化問題から憲法と保育にいたるまで多岐にわたり、たいへん勉強になりました。
参加者には保育関係者や議員などもいて、「疑問に思っていたことがすっきりした」などの感想が出されましたが、財源問題、非正規雇用の増加や民営化問題など、保育所に関する課題が山積している現状がみてとれました。
白山市でも、行政主導で民営化議論が進められていますが、もっと時間をかけて議論すべきではないかと思います。
子どもと子育てを支える保育所とはどうあるべきかーまずは、この議論が先になければならないと思います。