議会だより

45億円の「地下道」建設、再検討してはどうか

2008年4月17日


●45億円の「地下道」建設・・・みなさんはどう思いますか?
当初90億円の事業費が112億円にまで増えた松任駅南側の整備事業。
増えたのは金剣通り線の「地下道化」予算で、JRの線路下の工事方法が「手掘り」(と言っても手で掘るわけではないそうですが)になるために、当初の見込みより12億円も増えるとのこと。
地下道化は渋滞対策でもあるため、これまで私は反対してはきませんでした。
しかし、事業化を決めた頃とは社会情勢・経済情勢も変化し、市民のくらしも困難を増しており、巨額の事業費が市の財政と市民のくらし・福祉を圧迫しかねません。
建設の「後回し」も含めて、再検討するよう求め、新年度のこの予算には反対しました。