活動あれこれ

「大連立」批判、党の政策訴え街頭宣伝

2007年11月9日


1212116065

自民・民主の党首会談が密室談合で「大連立」を協議、その後、小沢党首が突然の辞任表明と撤回という一連の「あ然」劇には、怒りを覚えた人も多かったでしょう。

なぜなら、先の参院選の審判は、自・公の政治はもうゴメンという国民の思いが、反自・公を掲げた民主党に集中した結果だったから。「大連立」は、その民意に背くことは誰が見ても明らか!

大連立で合意の核心部分は、自衛隊を海外に派兵するための恒久法づくりを一緒に進めようというところにありました。「二大政党」というけれど、やはり根っこは同じ体質・・・これがはっきりした今回の一件。

結局、国民の審判をないがしろにしたところから、問題が始まっています。「国民の声を聞け」の大きな声を、もっと上げていきたいものです。

「大企業に減税」政策と軍事費を見直せば、消費税増税しなくても財源が生まれること、政党助成金はきっぱりやめるべきだということなど訴えました。

手を振っていく人、店先から顔を覗かせて最後まで話を聞いてくれる人など、嬉しい激励がありました。