丸顔!通信

月見夜灯(つきみよあかり)

2007年9月28日


27~29日にかけて、ふるさと館で「月見夜灯」というお月見の企画が催され、私も出かけてきました。

宵闇が迫る頃、館の庭園「紫雲園」がライトアップされ、足元には千代女の俳句をしたためた行灯や蝋燭に灯が点されて、昼間とは異なった趣の庭園に三々五々、市民の人たちが集ってきました。

庭園内を散策したり、フルートの演奏を聞きながらお点前を頂いたりして、お月見のひと時を楽しもうという趣向です。

残念ながら月は顔を出さずじまい。けれど、夜の庭園で奏でられるフルートの音色がしみわたり、お茶席も良かったらしく、「楽しかったねえ」という声があちこちで聞かれました。

私たち「かたかご」メンバーは、この後、隣の千代女の里俳句館で、「月見夜灯」での句を持ち寄って、(苦しみの)観月句会がありました。

フルートで月の砂漠を聴く良夜