丸顔!通信

マスメディアは自衛隊の国民監視問題をどうみているのか

2007年6月8日


6日の夜遅く飛び込んできたニュースだ。日本共産党の志位さんが記者発表を行って明らかにした大変な問題。

陸上自衛隊の情報保全隊というところが、イラク派兵や消費税増税の反対運動等々のあらゆる種類の運動とその取材に対してまで写真撮影や記録をし、著名人の発言内容までチェックしたりと、「国民監視」をしていたことがわかったのだ。

これほどまでの規模でしていたんだ!との驚きとともに、怒りが沸いてくる。

志位さんは、戦前の「憲兵政治」の復活につながると指摘していた。安倍首相が改憲を強行しようとしているなかで、こうしたことが行われていることに大変な危機感を覚えるし、これはただちに止め、政府と自衛隊はその全容を明らかにしなければならない。

ところで、さらに驚くのはマスメディアの取り上げ方だ。私のいる地域の「ある地元紙」が一行たりとも記事にしないのは・・・まあ「そんな」姿勢の新聞社だから仕方ないとしても・・・年金記録もれ問題と同様に重大性があるのに、ニュースとしての取り上げ方がどの放送局も「ない」に等しいのはどういうわけだ。

この問題は、報道に関わる者の「志」を問うものではないだろうか。マスメディアよ、一体どっちに顔を向けているのだ。もっとしっかりせよ。