活動あれこれ

ローカル鉄道の魅力、講演聞きに

2014年11月1日


石川線沿線地域連携フォーラムで講演とパネルディスカッションがありました。

001

なかでも、いすみ鉄道の鳥塚さんのお話は、ローカル線の可能性を引き出す魅力満載のアイディアにあふれたもので、とても感心しました。

015_thumb

鉄道に対して女性が興味をひくようなアイディアにも納得。人々の手による広場づくりは、鉄道が地域に愛されている証。

009

012

 

左上の写真は、「何もないこと」をアピールしたといういすみ鉄道のポスター。

鉄道マニアや子どもたちが、このポスターを撮影した場所を大勢訪れるとか。地域にはその「波及効果」も。

下の写真は若いカップルなどで予約一杯というビュッフェ?風の企画。おいしそう。

011

ローカル線だからこそできること、観光につなげる可能性がまだまだあることを感じました。

北陸鉄道石川線の鶴来駅から加賀一の宮駅が廃線になって数年。私も廃線ストップを議会で取り上げたり、「お花見電車」企画をしましたが、残念な結果になりました。鉄道を支える人々の思いと力が必要と同時に、地域と一緒に踏ん張るという事業者の強い思いを伝えてほしいものです。