丸顔!通信

思い出の保育所にお別れ

2014年5月1日


わが家の子どもたちもお世話になった旧あさひ保育所は、昨年、民営化されて「あさひ保育園」として運営されていますが、現在新しい園舎を建設中で、もうしばらくでオープンの予定。引っ越し作業も完了し、この2日間は旧保育所の「お別れ見学」日になっていました。

013

私が議員になってからは、入所式、修了式、運動会や表現会などの案内を頂いて出入りしていた保育所でしたが、すっきりと何もなくなった室内を見回していると、あらためて我が子がお世話になった当時がよみがえってきます。

修了式を終えて、室内で子どもたちにお別れの声をかけながら泣いてしまったE先生。私が子どものことで悩んで相談した時、「大丈夫。何ともないですよ」と力強い返事をして下さったS先生。子どもとともに、未熟な親も育ててくれた保育所でした。これからも、多くの親と子を育て、安心を与える場所であってほしいものです。