丸顔!通信

森元首相の浅田選手侮辱発言

2014年2月21日


現職中も何かと問題の一言が多かった森喜朗元首相が、ソチ五輪での浅田真央選手のショートプログラムで16位だったことに触れ、「えっ?」な発言をしたようです。東京五輪・パラリンビックの組織委員会会長職にある者の発言とは言えず、やはりこの人の見識を疑ってしまう。

なぜ「えっ?」と思ったかと言うと、この侮辱発言を載せた地元の朝刊を開く前に、しんぶん赤旗を見ていて、それには「今の時代はジャンプだけでないといわれる。だけどやっぱりジャンプがだいじ」と真央ちゃんの言葉があり、「トリプルアクセルに挑み、3回転以上のジャンプを6種類すべて跳ぶ女子選手は世界で浅田だけ。米国のワグナーは『スケートの限界を押し上げる存在』と称賛する」との記事を見たばかりだったから。そうだったんだと改めて真央ちゃんのすごさを知ります。

森元首相には、限界に挑む五輪選手を称える言葉がほしかった。