活動あれこれ

ストップ無駄づかい「白山トンネル」

2010年5月17日


尾西洋子県議を講師に、小松・白川連絡道路(「白山トンネル」)について、学習会をしました。

2月の石川県知事選挙で、県の税金の無駄づかいの一つとして、県民から批判の声が寄せられていたものです。

「こんな話、ちっとも知らなかった。初めて知った。こんなものに大切な税金を使ってほしくない」「今の時代に、まだこんな道路作ろうっていうの?」などなど。

「霊峰白山」とも呼ばれる山にトンネルをぶち抜いて・・・まあ!かわいそう・・・道路の半分以上がトンネル工事になるとのこと。

観光振興につなげる効果を見込んでの計画ですが、今より17分の短縮にしかならないなら、その効果も疑問。17分短縮に1,700億円も使おうという計画に、諸手をあげて賛成する県民は、どれだけいるでしょうか。

計画からすでに16年が経過。この間、調査費として石川県で4億円が支出されたとのこと。

白山市の角市長は、建設を進めるための期成同盟会の副会長ですが、建設を本気で進めようと思っているのでしょうか。こんな無駄づかいは、ストップのレッドカードしかありません。