議会だより

子宮頸がん予防ワクチンについてもう一言

2010年8月1日


●子宮頸がん予防ワクチンを白山市で実施するとすれば・・・

日本産婦人科学会などの専門家会議は、11~14歳での接種を奨励しています。白山市の場合、この対象を1,000人とすれば、4~6,000万円の予算が必要となります。まずは、一部助成からでも早急に開始してほしいものです。