丸顔!通信

髪のご縁

2010年8月4日


1281237449

美容院の私の隣にいた女性が、結わえた長い髪に鋏を入れてもらっていました。

結わえた位置から30cm以上で・・・と、物差しで測りながら。「断髪式みたいやね」と、そこにいた私たちは笑いながらも、神妙にその瞬間を見ていました。

切り終えると、何となく拍手なんかも起きて・・・。やがて、鏡の前に切ったばかりの髪の束が置かれました。

毛染めもしていないという艶やかな黒髪。ウラヤマシー!

この髪は、病気などで髪を失った人たちのための「かつら」にするため、そうした支援事業をしているボランティア団体に提供されるのです。

髪をばらけないように2箇所ほど紐で縛り、「これから郵便局に行って、送ってきます」と、その女性は帰りました。

これは、少し前に美容院の先生が私に、髪を提供できる所を知らないかということで、私が調べた先を伝えていたという前置きがある話です。

今日、偶然にも、その人と隣り合わせになったという次第。これこそ、「神」のご縁ではなく「髪」のご縁でした。