活動あれこれ

議会改革フォーラム開催

2012年7月14日


IMG_2163

白山市議会主催の「議会改革フォーラムーー未来につなげる議員像」が開催され、大勢の市民の皆さんが参加されました。基調講演として、東北大学大学院の河村和徳準教授の「ポスト合併時代の議員像と議会改革の必要性」のお話と、続いて、町会連合会や商工会の方々がパネリストのパネルディスカッションが行われました。

パネリストの方々からは、「市全域に入り、意見交換し、市政に反映を」「女性が集う会に参加し、意見を聞いてほしい」「誰のための議員か・・・それは市民のため、市民の立場に立つこと」「議員の仕事が見えない」等の発言があり、市民の代弁者としての議員のそもそもの立場と役割について指摘された意見を頂きました。まだまだ市民の中に入った活動がなされていないと受け止められているということでしょう。ここは、謙虚に耳を傾けなければならないところで、もっと努力をしていきたいと思います。

私が声をかけて参加をした友人たちからは、もっとフロアからの意見を求めるようにすべきだったとの感想がありました。基調講演とパネルディスカッションをわずか2時間でというのは、無理がありました。これは反省点だと思います。 「このようなフォーラムは、議員定数削減の前にすべきだったのでは」との意見もありましたが、これについては私も同感です。