丸顔!通信

加賀毛針でアクセサリー作り

2012年5月27日


IMG_2020

町内の婦人会の企画で、このようなブローチを作りました。ストラップを作った人もいます。
材料は、伝統工芸の「加賀毛針」の羽根。講師は、針の製造販売の老舗「目細八郎兵衛商店」さん。お話によると、お店の創業は1575年、なんと安土桃山時代とのこと。武士にだけ許されていた川釣りが、やがて明治になり庶民も楽しめるようになったことで、毛針職人も多く誕生したということでした。1cmくらいの毛針の見本を見せて頂きましたが、繊細で美しい、まさに「匠の技」です。このような技が、これからもずっと引き継がれていくことを願っています。