活動あれこれ

親子田植え、今年は我が家の田んぼで

2012年5月20日


五月晴れの今日、産直の活動をしている新婦人と農民連合同の親子田植えが行われました。農民連事務局長の西さんの田植えについての説明の後、子どもたちと一緒に「枠回し」で田んぼに印を付け、田植えをしました。50人ほどの参加で、なかでも子どもたちの多くが田植えを経験したことがあるとのことで、要領は心得ているよう。仕事は大勢で・・・のとおり、出入り1時間程で田植えが終了。子どもたちの感想は、「楽しかった」「泥の中が気持ちよかった」。

IMG_2012

その後、餅つきを。子どもたちが交替で杵を振り、あんこと黄粉のお餅と、新婦人が準備しためった汁でお昼にしました。農民連からTPPについての話、参加者からの自己紹介を兼ねた一言メッセージなどで交流しました。

「安心・安全の食と地球環境を子どもたちに手渡すことが大人の仕事。だから、このような活動をしているのです」と新婦人の会の挨拶。まったく、すべてのことが、この言葉に尽きると思います。