丸顔!通信

大事故と規制緩和

2012年5月4日


多くの犠牲者を出した先般の関越自動車道で起きた大型ツアーバス事故。ご家族の心情を思うと言葉も出ません。会社のずさんな運行管理の可能性も指摘されており、この責任は重大ですが、同時に価格競争の激化を生じさせる元となった規制緩和拡大の問題についても指摘されなければなりません。

規制緩和は、小泉構造改革以来特に顕著となり、民主党政権になってさらに拍車がかかりました。結果的に生命や健康に関わっていく分野を、自由競争とか、消費者のためという言葉で簡単に規制緩和してきた政治の責任を、今、深く問わなければならないと思います。