活動あれこれ

被災地支援の話あれこれ

2012年4月8日


仲間のKさんとYさんが、党が続けている被災地ボランティアで釜石市と大槌町に行き、先日その報告を聞きました。Kさんは3回目、Yさんは2回目のボランティアになります。

仮設住宅前で、食料品や日用品の提供や、訪問して要望などの聞き取りを行ってきたとのこと。1年前と、あるいは半年前と、あるいは1ヶ月前と今とでは、現地の方々の要望や思いは異なっているでしょう。

また、こちらから食料品などを持ち込むよりは、現地で再建したお店を利用した方がいい地域もあると思いますし、大いに観光に出かけた方がいい所もあるでしょう。

市民レベルで出来るボランティアはささやかかも知れませんが、今は何が求められているのか、それはどこなのか、そんなきめ細かな情報が、ますます必要になっていると感じます。