活動あれこれ

藤野やすふみさんと・パート(1)JA松任で懇談

2012年3月8日


日本共産党は、TPP問題では、農業をはじめ地域経済に深刻な影響を及ぼすとして、参加反対を掲げつつ、全国のJA組合長さんや経済界など各界の方々と懇談を進めています。今回、北陸信越ブロックの衆院比例候補でもある藤野やすふみさんと一緒に、JA松任の武山組合長と懇談の機会を持つことができました。

IMG_1890

藤野さんは、アメリカの農業を視察した際、収穫したオレンジがベルトコンベアーで防腐剤のプールに流れ込んでいく様子を目にしたことに触れ、TPPは農業者だけの問題ではなく、消費者にとっても重大だと語りました。食の安心・安全を脅かすことや、地域農業の振興に逆行すること、また決して農業分野だけの問題ではないことなど、語り合うことができました。組合長さんからは、先般行われた勉強会の様子や、産直店の話などもお聞きしました。

市民生活と地域経済に重大な打撃をもたらすTPP参加には反対、この一点での共同を進め、対話を広げていきたいと思います。