活動あれこれ

恒例の元旦宣伝に

2012年1月1日


穏やかな元旦になりました。

IMG_1763

午前10時、8号線沿いのスーパーアピタ前で、白山革新懇主催の毎年恒例の元旦宣伝をしました。
「TPP参加反対」の横断幕とのぼり旗を掲げて、所属団体の地域労連、農民連、年金者組合、日本共産党などの代表がそれぞれマイクを持ち、「アメリカと財界いいなりの政治を改めてこそ、政治の展望が開けます」「TPPの危険な中身を知らせていきましょう」などと訴えました。
天候が良かったためか、車の窓を開けて手を振っていく姿があり、嬉しい限り。チョコレートの差し入れも頂きました。
毎年元旦にこの場所に立っていると、年々、道往く車の数が少なくなっていることに気づきます。いろんなお店があちこちに出来て車の流れが変わったのか、それとも長引く景気低迷で出足が鈍っているのか・・・。
しかし、そもそも、元旦から大型店を開店する必要あり?元旦くらいは、大型店で働く人たちをはじめ、家族団らんで過ごす日本の文化を大事にしたいものだ・・・と、元旦早々、外に出ている私ですが、そう思います。