活動あれこれ

小水力発電について

2011年9月2日


旧松任市の時代に設置した風車(風力発電)は、その後、度重なる落雷の被害を受け、結局、合併後に取り外してしまいました。(今思うと、自然エネルギーのさきがけをいっていたのかも?)一方、太陽光発電は、降雪の地域では「非効率」との返事が返ってきます。ということは、比較的安定して、環境負荷も少ないのは、やはり水力・・・ということで、七ヶ用水での小水力発電の可能性について、手取川七ヶ用水の事務局にお話をうかってきました。とても勉強になりました。

IMG_0742

小水力発電が普及できるよう、初期費用が大きい問題への対応や、電力の買い取り制度を進めるなど、国の積極性が求められますが、国待ちだけでなく、市の独自性を発揮してほしいもの。大学など研究機関や市内企業との連携も、探求する時期にきているのではないでしょうか。