丸顔!通信

こんなクラシックは楽しい

2011年7月3日


コーラスをしている友人から「自分も出場するから」と勧められ、白山市民音楽祭に出かけました。今年は創立40周年記念。作曲家で指揮者の青島広志さん、声楽家の小野勉さん、そしてオーケストラアンサンブル金沢も出演という豪華版。

会場の文化会館は超満員で、立ち見の人も大勢。ギリギリに行った私もその1人。しかし、演目もオーケストラもとても素敵で、時間を忘れました。中でも、最初の「イソップ動物記」は面白かったなあ。とにかく指揮者の青島さんが、何とおしゃべりしながら演奏の指揮をとるというパフォーマンス(今風に言うと)で、独特の音楽の世界に誘ってくれた、という感じでしょうか。立ちっぱなしの苦痛も忘れお釣りが来るほど、大人も子どもも楽しめる「音楽祭」の第一部でした。