丸顔!通信

大震災・・・石川農民連が福島へ

2011年4月10日


先般、石川農民連が救援物資を積んで福島市に行きました。参加した夫の話によると、手渡されたガイガーカウンターがしょっちゅう音を発信するため「正直、怖かった」と。

001

それを思うと、現地の方々はどれだけ不安な日々を送っていることでしょうか。原発事故によるいろいろな弊害が起きていることは、私は報道で知る限りですが、当面、住宅の確保など避難生活の不安の解消、農産物や水など放射能汚染による直接的な被害や風評被害に対する救済策を、とにかく急いでほしいものです。