丸顔!通信

予防ワクチンの話で盛り上がる

2011年3月23日


新婦人の親子リズムに来ているママたちに、「就学援助」の話をしてほしいとのことで、会場に行きました。

子どもたちがまだ幼いこともあって、「就学援助」の言葉を知っている人は少ないよう。白山市の就学援助は、学用品費などが部分的に前払いされるようになりました。

他に関心が高かったのは、子どもの医療費助成のこと。「耳鼻科に毎日来てと言われ、2万円ほどかかった」とか、「子どもの医療費だけで5万円かかった月があった」等々の話も出て、「子どもといっても甘くないねー」と。
もうひとつ盛り上がったのは、予防ワクチンの話。ヒブと小児用肺炎球菌の予防ワクチンが、せっかく公費で接種できるようになった途端、接種後の死亡事例が発生して、現在、接種を見合わせる状況になっています。

公費助成の実現は、全国の新婦人も運動し、私も議会で取り上げたりしてきたので、こんな状況になって残念です。