丸顔!通信

救援物資の受付に

2011年3月22日


白山市は18日から24日まで、被災地への救援物資の受付をしています。
インスタント麺や粉ミルク、ティッシュやトイレットペーパー等々、種類別に分けた大きなダンボール箱が庁舎横の駐車場に並べられて、市の職員さんらが、市民から持ち込まれた品物を仕分けしていました。

IMG_0961

私も、タオルや生理用品など紙袋に詰めて持って行きました。ちょうどそこで、品物を持参して来た知人が、「被災地は寒いからと思って、先日、靴下をたくさん持ち込んだら、市の人が『靴下はいらない』だって」と。今回の市の受付物資には、衣類関係は含まれていないようです。

この日、友人からも、「何を持ち込んだらいいと思う?赤ちゃん用の粉ミルクなんかどうかしら・・・」の電話も。みなさんが何かせずにはいられないと思っていることがわかります。いずれにしても当面は、物も、食べ物も、灯油も、被災者の元に一刻も早く、十分に届いてほしいと願わずにいられません。