活動あれこれ

市長が多選禁止の条例を出したいと

2011年3月14日


権限が集中する市長の地位に、長期に在任することにより生ずる恐れのある弊害を防止し、清新で活力ある市政を確保することを目的に、任期を連続して3期を超えないようにーーといった内容の、多選禁止条例を市長提案で出したい旨の説明が、先日の議員協議会でありました。

しかも、今議会の最終日に提出したいとのこと。歓迎する議員の声も聞こえるのですが、弊害や不正腐敗が生じたりするのは、多選が原因ではなく、首長の政治姿勢そのものに原因があるということでしょう。

国民の中に多選批判の声があるにはありますが、本質を見極めなければならないところだと思います。