活動あれこれ

「緊急支援」を申し入れ

2011年3月15日


本日、白山市に、東日本大震災被害に対する緊急支援の申し入れをしました。

325

北田副市長が対応し、すでに給水車をはじめとして被災地支援を開始していることに触れ、可能な限りの支援をしたいと話しました。申し入れ内容は以下の通りです。


東北地方太平洋沖地震被害に対する緊急支援についての申し入れ

白山市長 作野広昭殿

2011年3月15日
日本共産党白山市委員会
白山市議 宮岸美苗

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、観測史上最大の巨大地震となり、地震と津波による被害は、東日本を中心に太平洋全域にわたる甚大なものとなっています。

痛ましい犠牲となった方々に対し、謹んで哀悼の意を表するとともに、被災者のみなさんに心からのお見舞いを申し上げるものです。

現在、国をあげて、命の危険にさらされている方々や安否不明の方々の救助と捜索、救援が行われているところです。今後、被災地の状況が明らかになるに連れ、さらなる支援が求められることが予想されます。市として、それに備えた体制を準備することが必要になってくると思われます。

市民の中にも、被災地出身者であったり、肉親や親戚が被災地にいるといった方もいらっしゃると思います。すでに市も救援活動に参加していますが、現地での連携の下、市の災害時用備蓄品の提供などの支援とともに、物心両面での支援を全市的に訴えて下さい。

加えて、消防・救急体制の被災地派遣が行われていますので、市民自らが火災等を起こさないよう注意喚起をゆ呼びかけて下さい。

また、福島原発の事故は、「日本の原発は安全」という安全神話を崩すものであり、今、県民の間でも「志賀原発は大丈夫か」といった不安の声が上がっています。市としても、志賀原発の事故を想定し、県にヨウ素剤の備蓄・配布体制は万全かを確認するとともに、石川県と北陸電力に対して、

①活断層の再調査
②原発依存からの脱却
③プルサーマル計画の中止を求めて下さい。

以上申し入れいたします。