議会だより

議会改革に関する意見を提出

2010年10月22日


白山市議会ではこの間、議会改革基本条例の制定に向けて議論が進められてきましたが、条例以外の議会改革に関する意見が求められ、私は以下のことについて委員長に提出しました。

  1. 12月定例会で行われている決算認定を9月定例会で行う。
  2. 予算は「説明会」ではなく「特別委員会」等を設置する。
  3. 1人会派の議員も議会運営委員会の構成委員とする。
  4. 議会事務局長をはじめ議会事務局職員の在職は、短期ではなく一定期間の在職に配慮する。
  5. 休日・夜間議会の開催。
  6. 一般質問の質疑・質問の回数・時間制限の緩和。
  7. 議会の委員会の公開を積極的に市民に周知する。
  8. 広域事務組合、医療企業団の議会報告を議員協議会で行う。
  9. 藤枝市議会との議員交流会は中止する。
  10. 一般質問の期間中は、庁舎ロビーのテレビで放映する。
  11. 議員の寄付行為の禁止についての周知徹底を議会としても行う。