活動あれこれ

豪雪被害

2011年2月3日


山ろくに近いある民家から、雪の被害の連絡が入り、すぐに見に行きました。一番高い屋根の雪は1mを超えていると思われますが、その重みで軒のあちこちが壊れているのが見えました。他に影響が出ているとしても、これだけ雪に覆われていてはわかりません。低いほうの屋根の雪は下ろされていましたが、「3日間かかった」とのこと。3日前の降雪の日とはうって変わってのいいお天気。お天気は嬉しいものの、雪が水分を含み、今以上に屋根雪の重みが増すことが心配です。山ろく部の豪雪は、まさに災害であることを実感します。